2018年03月23日

何故か血糖値260にも

昨日の夕前の血糖値の高さには驚き!
何故か血糖値260にもなっていた。いったい何を食べてこんなにも。
指先をよく清浄綿でよくフキフキしてもう一度測定してみた。2回目は下がり183になっていた。
高いことは高いが80近くの誤差は何なのか。

何を食べたかよーく考えてみる。朝はご飯と納豆、味噌汁。昼はご飯150gに玉ねぎと卵入れてチャーハン。うーんなんだろう。あっ、一口つまんだものがあった。
それは旦那の弁当にもう一品に役立っている便利な袋入りの惣菜「切り干し大根の煮物」でした。
朝食の片付けでお皿にちょっと残った一口分の「切り干し大根の煮物」を食べたのが原因でした。
自分で作るのと違って砂糖が結構入れてる甘い味付け。
今度から気を付けねば「その一口が危ない!」だね。


P_20180323_103619.jpg
P_20180323_103607.jpg

昨日の夕食はご飯100g、焼き鳥ネギま、ポテトサラダ、レタス、玉ねぎと豆腐の味噌汁。
P_20180322_175925.jpg

昨日の運動は
朝食後にスクワット20回
昼食後にスクワット20回

昨日の血糖値です。
朝前の血糖値は106です。
昼前の血糖値は118です。
夕前の血糖値は260です。2回目183。
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

糖尿病ランキング

スポンサードリンク
posted by ゆみ at 11:22 | 血糖値
プロフィール
名前:ゆみ
年齢:1954年生まれです
性別:女性
職業:主婦
一言:60歳目前に!糖尿病の合併症、糖尿病性腎症によるネフロ−ゼ症候群になり入院しました。その時に初めて自分は糖尿病になったのだと知りました。
52歳頃までフルタイムで働いていました。
朝7時前のバスがない為に1時間も職場まで歩いて働いていました。
朝8時から夕方5時まで働き残業も毎日のようにしてパワフルに働いていました。
家に帰るのはいつも7時、8時過ぎでした。

しかし体がついて行けずに52歳で退職しました。
退職後は健康診断も受ける事も無くなりました。
そうしてる間にも糖尿病が進んでいたんですね。

正月前に体がパンパンに浮腫みの為、晴れ上がってしまいました。
年末の買い物も息切れがひどく歩くのがやっとでした。
足も浮腫みでブーツを入らず、膝折もできず、瞼も腫れ上がりました。
正月明けの1月4日に近所の病院に行き糖尿病性腎症によるネフロ−ゼ症候群らしいと言われました。1月8日の日に市民病院に入院しました。

入院時はHbA1cは11.6もありました。
先生は「これは重症だな」と言ってました。
こんなにHbA1cが高ければ合併症にならない訳が無いそうです。

私の兄やおばさんも糖尿病です。糖尿病の家系です。

糖尿病性腎症の為、糖質制限は出来ません。
カロリー制限では糖質制限のようにはいきません。

今の自分に出来る事、カロリー制限と運動で日々頑張っています。
無理せず、諦めずに、前へ進みたいです。