2018年09月05日

手作り焼豚でチャーシュー麺

昨日は午後から圧力鍋で焼豚を作りました。いつもは豚ロースですが豚バラが安かったのでバラ肉ブロックを使いました。焼き豚の作り方はこちら

せっかく焼き豚を作ったのでチャーシュー麺を作ることにしました。
チャーシュー麺食べるのは久しぶり。この久しぶりは30年ぶり位でしょうか。
なにしろ旦那はおうちごはんが好きなもので、外食することは滅多にない。
ならば頑張って家で手作りするしかないか。

前に作った時に冷凍しといた煮汁を使ってラーメンスープも手作りしました。
鍋に凍ったままの煮汁を入れ水で薄め煮干しだしを入れ温めてスープの出来上がり。
昨日新たに出来た煮汁は冷まして容器に入れ冷凍庫に保存しときます。
煮汁は結構な量なので捨てるのは勿体ないですね。
大根の煮物、じゃがいもの煮物、チャーハン、煮玉子、野菜炒めなどに使えます。

昨日の夕食はチャーシュー麺(中華麺3分の2個・焼豚・煮汁・煮干し・水・ねぎ・しなちく・海苔)、レタスときゅうり、オクラ鰹節。
P_20180904_182411.jpg
昨日の運動は
朝食後にスクワット20回
昼食後にスクワット20回
夕食後にスクワット20回

昨日の血糖値は
朝前の血糖値は138です。
昼前の血糖値は165です。
夕前の血糖値は156です。
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

糖尿病ランキング

スポンサードリンク
posted by ゆみ at 14:58 | 血糖値
プロフィール
名前:ゆみ
年齢:1954年生まれです
性別:女性
職業:主婦
一言:60歳目前に!糖尿病の合併症、糖尿病性腎症によるネフロ−ゼ症候群になり入院しました。その時に初めて自分は糖尿病になったのだと知りました。
52歳頃までフルタイムで働いていました。
朝7時前のバスがない為に1時間も職場まで歩いて働いていました。
朝8時から夕方5時まで働き残業も毎日のようにしてパワフルに働いていました。
家に帰るのはいつも7時、8時過ぎでした。

しかし体がついて行けずに52歳で退職しました。
退職後は健康診断も受ける事も無くなりました。
そうしてる間にも糖尿病が進んでいたんですね。

正月前に体がパンパンに浮腫みの為、晴れ上がってしまいました。
年末の買い物も息切れがひどく歩くのがやっとでした。
足も浮腫みでブーツを入らず、膝折もできず、瞼も腫れ上がりました。
正月明けの1月4日に近所の病院に行き糖尿病性腎症によるネフロ−ゼ症候群らしいと言われました。1月8日の日に市民病院に入院しました。

入院時はHbA1cは11.6もありました。
先生は「これは重症だな」と言ってました。
こんなにHbA1cが高ければ合併症にならない訳が無いそうです。

私の兄やおばさんも糖尿病です。糖尿病の家系です。

糖尿病性腎症の為、糖質制限は出来ません。
カロリー制限では糖質制限のようにはいきません。

今の自分に出来る事、カロリー制限と運動で日々頑張っています。
無理せず、諦めずに、前へ進みたいです。