2018年10月04日

何年ぶりだろうキンキの開き美味い

昨日はNHKガッテン!「血糖値がみるみる下がる!謎のポーズで体質改善SP」を見ようとしたが旦那が「バレーボールを見るんだ。」と言いチャンネルを譲っってくれなくて見れなかった。
不満そうな私に「いつもやっている足腰体操だろ」と言う。

今日はNHKのサイトで確認してみた。写真付きで詳しく載っていた。
ネットは便利だな。ひざを90度くらいに曲げたら 2秒間キープ そして立ち上がりますとある。
自分のと違っていた。写真ではお尻を後ろに突き出すようにしてる。真似をして何回かやってみたが腰が痛くなる。

夕方スーパーに行きキンキの開き1尾を半額で買った。フライパンで焼いて食べた。何年振りかで食べたキンキの美味しいこと。昔はよく居酒屋でキンキやホッケを食べたものだ。今やすっかり高級魚になってしまった。

昨日の夕食はもち麦ごはん100g、キンキの開き、サーモンの刺身、きゆうりのからし漬け、レタス、ウーロン茶。
P_20181003_190009.jpg

歩数計アプリが途中でストップしてる。4000歩は歩いてる。
share-a6909.jpg

昨日の運動は
朝食後にスクワット20回
昼食後にスクワット20回
夕方にウォーキング
夕食後にスクワット20回

昨日の血糖値は
朝前の血糖値は143です。
昼前の血糖値は142です。
夕前の血糖値は123です。
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

糖尿病ランキング

スポンサードリンク
posted by ゆみ at 16:35 | 血糖値
プロフィール
名前:ゆみ
年齢:1954年生まれです
性別:女性
職業:主婦
一言:60歳目前に!糖尿病の合併症、糖尿病性腎症によるネフロ−ゼ症候群になり入院しました。その時に初めて自分は糖尿病になったのだと知りました。
52歳頃までフルタイムで働いていました。
朝7時前のバスがない為に1時間も職場まで歩いて働いていました。
朝8時から夕方5時まで働き残業も毎日のようにしてパワフルに働いていました。
家に帰るのはいつも7時、8時過ぎでした。

しかし体がついて行けずに52歳で退職しました。
退職後は健康診断も受ける事も無くなりました。
そうしてる間にも糖尿病が進んでいたんですね。

正月前に体がパンパンに浮腫みの為、晴れ上がってしまいました。
年末の買い物も息切れがひどく歩くのがやっとでした。
足も浮腫みでブーツを入らず、膝折もできず、瞼も腫れ上がりました。
正月明けの1月4日に近所の病院に行き糖尿病性腎症によるネフロ−ゼ症候群らしいと言われました。1月8日の日に市民病院に入院しました。

入院時はHbA1cは11.6もありました。
先生は「これは重症だな」と言ってました。
こんなにHbA1cが高ければ合併症にならない訳が無いそうです。

私の兄やおばさんも糖尿病です。糖尿病の家系です。

糖尿病性腎症の為、糖質制限は出来ません。
カロリー制限では糖質制限のようにはいきません。

今の自分に出来る事、カロリー制限と運動で日々頑張っています。
無理せず、諦めずに、前へ進みたいです。