2017年09月13日

中華風唐揚げ揚げる

秋と言えども台所で揚げ物は暑くなるので嫌ですが「唐揚げ食べたい」と言う旦那の要望に応える。
手羽元20本を中華風唐揚げにしました。二人で食べるには多いので揚げたて唐揚げ10本はお隣の育ちざかりの子供さんに食べてもらいました。

中華風唐揚げの作り方は
鶏手羽元       20本
下味は
醤油         大さじ3
酒           大さじ3
こしょう        少々
塩           小さじ1.5
おろしにんにく   小さじ1.5
おろししょうが    小さじ1.5
ごま油        大さじ2

片栗粉        大さじ7
サラダ油       適量

ボール又はビニール袋に手羽元と下味を入れ揉みこみ30分から1時間くらい冷蔵庫に入れておく。
下味がついたら冷蔵庫から取り出し余分な汁は捨て片栗粉を一気に入れず大さじ3ずつまぶす。
鍋に油を入れ2度揚げします;
最初は160度位の低温で4〜5分揚げます。いったん取り出し4分くらい休ませます。
2度目は180度位で2分揚げます。
2度揚げすると中はジューシー、外はカリッと仕上がります。
私は温度計が無いので最初は中火より少し弱火よりで揚げています。

昨日の夕食は21雑穀米100g、唐揚げ、ホタテ子バター炒め(ホタテ子・バター・塩コショウ)、夕顔のみそ炒煮(夕顔・味噌・昆布だし・水)、ウーロン茶。
P_20170912_182413.jpg

昨日の運動は
朝食後にスクワット20回
昼食後にスクワット20回

昨日の血糖値です。
朝前の血糖値は121です。
昼前の血糖値は84です。
夕前の血糖値は102です。
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

糖尿病ランキング

スポンサードリンク
posted by ゆみ at 10:04 | 血糖値
プロフィール
名前:ゆみ
年齢:1954年生まれです
性別:女性
職業:主婦
一言:60歳目前に!糖尿病の合併症、糖尿病性腎症によるネフロ−ゼ症候群になり入院しました。その時に初めて自分は糖尿病になったのだと知りました。
52歳頃までフルタイムで働いていました。
朝7時前のバスがない為に1時間も職場まで歩いて働いていました。
朝8時から夕方5時まで働き残業も毎日のようにしてパワフルに働いていました。
家に帰るのはいつも7時、8時過ぎでした。

しかし体がついて行けずに52歳で退職しました。
退職後は健康診断も受ける事も無くなりました。
そうしてる間にも糖尿病が進んでいたんですね。

正月前に体がパンパンに浮腫みの為、晴れ上がってしまいました。
年末の買い物も息切れがひどく歩くのがやっとでした。
足も浮腫みでブーツを入らず、膝折もできず、瞼も腫れ上がりました。
正月明けの1月4日に近所の病院に行き糖尿病性腎症によるネフロ−ゼ症候群らしいと言われました。1月8日の日に市民病院に入院しました。

入院時はHbA1cは11.6もありました。
先生は「これは重症だな」と言ってました。
こんなにHbA1cが高ければ合併症にならない訳が無いそうです。

私の兄やおばさんも糖尿病です。糖尿病の家系です。

糖尿病性腎症の為、糖質制限は出来ません。
カロリー制限では糖質制限のようにはいきません。

今の自分に出来る事、カロリー制限と運動で日々頑張っています。
無理せず、諦めずに、前へ進みたいです。