2017年10月13日

ジェネリック薬になり少し安くなる

昨日、薬局の薬剤師が「ジェネリック希望されてましたね。「今飲んでるクレストール錠5mgと同じ成分のお薬がジェネリックで出ました。こちらのロスバスタチン dsepになります」と言う。
いくらぐらい安くなったかを聞くと600円位だと言う。
6週間おきくらいに病院行くので1年にしたら5000円位安くなるのか。
これで飲んでる薬3種類のうち2種類がジェネリックになった。
一番高いインスリンは残念なことにジェネリックは無いと言う。

左はクレストール錠5mg、右はジェネリックのロスバスタチン dsep。
これは血液中のコレステロールを減らす薬です。
見た目は同じ、名前だけ変わったのか。
P_20171013_101103.jpg

昨日の夕食は21雑穀米100g、イワシのバジル焼き(イワシ・バジル・小麦粉・塩・コショウ・サラダ油・レタス)、餃子1個、山形もって菊おひたし、ワカメ味噌汁。
P_20171012_181310.jpg

昨日の運動は
朝食後にスクワット20回
昼食後にスクワット20回

昨日の血糖値です。
朝前の血糖値は126です。
昼前の血糖値は116です。
夕前の血糖値は120です。
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

糖尿病ランキング

スポンサードリンク
posted by ゆみ at 10:17 | 血糖値
プロフィール
名前:ゆみ
年齢:1954年生まれです
性別:女性
職業:主婦
一言:60歳目前に!糖尿病の合併症、糖尿病性腎症によるネフロ−ゼ症候群になり入院しました。その時に初めて自分は糖尿病になったのだと知りました。
52歳頃までフルタイムで働いていました。
朝7時前のバスがない為に1時間も職場まで歩いて働いていました。
朝8時から夕方5時まで働き残業も毎日のようにしてパワフルに働いていました。
家に帰るのはいつも7時、8時過ぎでした。

しかし体がついて行けずに52歳で退職しました。
退職後は健康診断も受ける事も無くなりました。
そうしてる間にも糖尿病が進んでいたんですね。

正月前に体がパンパンに浮腫みの為、晴れ上がってしまいました。
年末の買い物も息切れがひどく歩くのがやっとでした。
足も浮腫みでブーツを入らず、膝折もできず、瞼も腫れ上がりました。
正月明けの1月4日に近所の病院に行き糖尿病性腎症によるネフロ−ゼ症候群らしいと言われました。1月8日の日に市民病院に入院しました。

入院時はHbA1cは11.6もありました。
先生は「これは重症だな」と言ってました。
こんなにHbA1cが高ければ合併症にならない訳が無いそうです。

私の兄やおばさんも糖尿病です。糖尿病の家系です。

糖尿病性腎症の為、糖質制限は出来ません。
カロリー制限では糖質制限のようにはいきません。

今の自分に出来る事、カロリー制限と運動で日々頑張っています。
無理せず、諦めずに、前へ進みたいです。