2018年01月19日

45回目の検査に行く

昨日は45回目の検査に行って来ました。
雪が降らなくて良かったです。
病院の階段の下りは足を交互に出せなかったが昨日はゆっくりですが降りることが出来ました。
骨折から8ヶ月経ちましたがまだ足の裏と甲が痛いです。

診察の前にフットケアを受けました。両足の親指の爪が巻き爪なので看護師さんに切ってもらっています。
フットケアの持ち時間は40分もあるのですが15分位で終わる。

医師の診察を受ける。「中性脂肪高いですね。動脈硬化になる危険がありますよ。お薬出しましょうか。」と医師が言う。さらに「HbA1cも上がってますね。お餅食べたんですか。何個」と聞く。
正直な私は「小さな餅2個です」と答える。医師は「サトウの切り餅ですか」と。
私は「そうです」と。2個は食べすぎだと医師に叱られる。

アレルギー性鼻炎を薬をもらう。医師は中性脂肪の薬も出そうかと言ってたが餅の話で忘れたようだ。
私としては薬の種類を増やしたくない。

検査結果は
体重 49.3
血圧 102/53

血糖値 168 食後
HbA1c NGSP 7.5
LDL/HDLコレステロール 109/46
中性脂肪   473
AST/ALT 19/18
BUN/クレアチニン 36/1.06
eGFR 41.0
尿蛋白 3+

会計は
診療費 4,680円
院外処方せん 8,640円
合計  13,320円

院外処方せん内訳

ノボラピッド70注フレックスペン 4キット
ペンニードル32Gテーパー(注射針)2箱
トラゼンタ錠5mg 49日分
スピロノラクトン錠25mg「トーワ」 49日分(これジェネリック)
ロスバスタチン dsep   49日分(これジェネリック)

ザイザル錠  5r 7日分
バイナス錠  75mg 7日分

箱が変わったという。
P_20180119_141643.jpg
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

糖尿病ランキング

スポンサードリンク
posted by ゆみ at 16:00 | 病院
プロフィール
名前:ゆみ
年齢:1954年生まれです
性別:女性
職業:主婦
一言:60歳目前に!糖尿病の合併症、糖尿病性腎症によるネフロ−ゼ症候群になり入院しました。その時に初めて自分は糖尿病になったのだと知りました。
52歳頃までフルタイムで働いていました。
朝7時前のバスがない為に1時間も職場まで歩いて働いていました。
朝8時から夕方5時まで働き残業も毎日のようにしてパワフルに働いていました。
家に帰るのはいつも7時、8時過ぎでした。

しかし体がついて行けずに52歳で退職しました。
退職後は健康診断も受ける事も無くなりました。
そうしてる間にも糖尿病が進んでいたんですね。

正月前に体がパンパンに浮腫みの為、晴れ上がってしまいました。
年末の買い物も息切れがひどく歩くのがやっとでした。
足も浮腫みでブーツを入らず、膝折もできず、瞼も腫れ上がりました。
正月明けの1月4日に近所の病院に行き糖尿病性腎症によるネフロ−ゼ症候群らしいと言われました。1月8日の日に市民病院に入院しました。

入院時はHbA1cは11.6もありました。
先生は「これは重症だな」と言ってました。
こんなにHbA1cが高ければ合併症にならない訳が無いそうです。

私の兄やおばさんも糖尿病です。糖尿病の家系です。

糖尿病性腎症の為、糖質制限は出来ません。
カロリー制限では糖質制限のようにはいきません。

今の自分に出来る事、カロリー制限と運動で日々頑張っています。
無理せず、諦めずに、前へ進みたいです。