2018年06月30日

風邪ひいてから血糖値が高いまま

三日前から風邪をひいて熱と喉の痛みが、今日は咳まで出てきた。
昨日の寝る前の熱は37度だったが今朝は36.4度まで下がっている。
血糖値の方は昨日一日中高いまま。熱は下がって来てるのに今日の昼前の血糖値は183の高血糖に。
こうしてマメに体温と血糖値を測ってるので高血糖に気づくのだが、私の最初の担当医師は「一日に何度も測らなくてもいいよ。一度でいいです」と言っていたけど。

風邪、発熱、食欲不振、嘔吐、下痢など風邪などのシックデイのときは食事をとらなくても、血糖値が上昇するそうです。体内の水分が失われて脱水状態になり、血液が濃くなり血糖値もいっそう高くなりがちに。
今日は暑いので水分をこまめに取りたいと思います。
風邪が治るまでは血糖値の乱高下や高血糖が続くかも。

昨日の夕食は21雑穀ご飯のお粥、焼きカレイ、冷やっこ、オクラ、レタス、しじみスープ。
P_20180629_190109.jpg

熱が出たので運動なし

昨日の血糖値です。
朝前の血糖値は172です。
昼前の血糖値は188です。
夕前の血糖値は177です。
夜中の血糖値は128です。

風邪早く治ってくれー!
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

糖尿病ランキング

スポンサードリンク
posted by ゆみ at 15:26 | 血糖値

2018年06月29日

高熱出て高血糖

二日ほど前から喉がヒリヒリ痛みがあり昨日は喉が腫れて熱が出る。
昨日の朝は37.9度、昼は37.7度、夕方は37.2度、夜中は37.1度、今朝は36.6度、昼には36.9度と少し上がってる。
私の平熱は子供の頃から35度台である。もう一度測ってとよく言われた。
35度台は「低体温」と言いよろしくないようだ。
具合が悪くても「37度くらいで」とよく言われた。
私としては37度超えたらしんどいです。37.9度は私には充分に高熱です。

血糖値も爆上がりです。昨日の昼前が203にもなりました。
今日の昼前も188と高いままです。

昨日はお粥を作りました。喉がまだ痛く熱も下がるまで油断は出来ないです。

昨日のブログは写真だけなので良くなったら後で書き足します。

昨日の夕食は21雑穀ご飯のお粥(雑穀米・水・ねぎ・卵)、にんにくの芽と豚肉の炒め物(にんにくの芽・豚肉・ごま油・醤油・片栗粉)、なめこ味噌汁、牛乳。
P_20180628_182734.jpg

熱が出たので運動なし

昨日の血糖値です。
朝前の血糖値は159です。
昼前の血糖値は203です。
夕前の血糖値は161です。
夜中の血糖値は180です。
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

糖尿病ランキング

スポンサードリンク
posted by ゆみ at 15:02 | 血糖値

2018年06月28日

喉が腫れ熱出てダウン

おとといから喉が痛く今朝は腫れている。熱もあり食欲無し。
朝は豆腐食べてからずーと横になり寝ている。
このくらいにしてまた寝ます。

昨日の夕食は
P_20180627_181648.jpg
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

糖尿病ランキング

スポンサードリンク
posted by ゆみ at 13:05 | 血糖値
プロフィール
名前:ゆみ
年齢:1954年生まれです
性別:女性
職業:主婦
一言:60歳目前に!糖尿病の合併症、糖尿病性腎症によるネフロ−ゼ症候群になり入院しました。その時に初めて自分は糖尿病になったのだと知りました。
52歳頃までフルタイムで働いていました。
朝7時前のバスがない為に1時間も職場まで歩いて働いていました。
朝8時から夕方5時まで働き残業も毎日のようにしてパワフルに働いていました。
家に帰るのはいつも7時、8時過ぎでした。

しかし体がついて行けずに52歳で退職しました。
退職後は健康診断も受ける事も無くなりました。
そうしてる間にも糖尿病が進んでいたんですね。

正月前に体がパンパンに浮腫みの為、晴れ上がってしまいました。
年末の買い物も息切れがひどく歩くのがやっとでした。
足も浮腫みでブーツを入らず、膝折もできず、瞼も腫れ上がりました。
正月明けの1月4日に近所の病院に行き糖尿病性腎症によるネフロ−ゼ症候群らしいと言われました。1月8日の日に市民病院に入院しました。

入院時はHbA1cは11.6もありました。
先生は「これは重症だな」と言ってました。
こんなにHbA1cが高ければ合併症にならない訳が無いそうです。

私の兄やおばさんも糖尿病です。糖尿病の家系です。

糖尿病性腎症の為、糖質制限は出来ません。
カロリー制限では糖質制限のようにはいきません。

今の自分に出来る事、カロリー制限と運動で日々頑張っています。
無理せず、諦めずに、前へ進みたいです。