白内障が進んでる悪化してる

4日前に半年に一度の眼底検査に行って来ました。
3年半前の眼底検査で初期の白内障と診断され1年後には白内障が消えていた。
去年の6月には白内障が復活し飛蚊症にもなっていた。
ブログには書いてないが今年の6月には白内障も飛蚊症も変わりなしだった。

そして今回は左目の白内障が進んでいると言う。
さらに左目にも白内障が出ているとのこと。
医師が写真を見せて説明してくれた。分かっているけど「原因は何でしょうか」と聞いてみたりした。
「老化現象です」と当たり前な答えが返ってくる。
網膜症の方は無しでした。

いつものドライアイの目薬と白内障の進行を抑える薬を処方してもらいました。
医師は「この薬は白内障を治す薬ではありません。進行を抑える薬です。悪化するようでしたら手術することもできます。」と言う。

帰りに薬局に寄り白内障の薬の説明を受ける。男性の薬剤師が「ショックでしたね。悪くなっても手術すれば良くなりますよ。一日で終わりますし。
手術後に視力が良くなる人もいるんですよ」と慰めてくれました。うちの旦那なら私に言えないですな。

気落ちしてしまい帰りの足取りは重く、途中イオンに寄り買い物。
こんな日は好きな物でも食べよ!海鮮寿司とプリンを買って帰りました。

白内障の多くは加齢によるもので
50歳代の50%、60歳代の70%、70歳代の90%、80歳代の100%に白内障があり、手術が必要になるのは50歳代の10%、60歳代の30%、70歳代の50%、80歳代の70%といわれてるそうです。

ジクアス点眼液3%とカリーユニ点眼液0.005%
f:id:yu246:20181208115636j:plain:w400

ジクアス点眼液3% 1日6回
ドライアイを改善する点眼薬です。

カリーユニ点眼液0.005%(ジュネリック)1日3回
白内障の進行を抑える点眼薬です。白内障の原因である目の水晶体のたんぱく質の変化を防ぎ、水晶体の透明性を保ちます。

眼科の診療費 1690円

処方せん   1580円

  合計   3270円